東広島道場。腱引き師のブログ

▼お知らせ▼

営業時間変更(10月)

 10/11(水) 午前のみ営業
      (〜12:00まで)
 10/12(木) 13:00より営業。

予約・キャンセルについて。

新規の方を対象に
体験施術を受け付けます。

東広島で整体をお探しの方。

整体と腱引きとの違いはもう読まれましたか? 腱引き療法は今までの整体とは考え方が違います。

たとえばぎっくり腰。 整体に行く人の多くが、ぎっくり腰や慢性腰痛に悩まされていますよね?
腱引き療法ではこのぎっくり腰の原因というのを理解しています。
ぎっくり腰などの突発性腰痛の原因は、腰の腱(筋肉)が腰骨の正常な位置からずれてしまったから起こるのです。
ずれた腱(筋肉)は腰の曲げ伸ばしを行うことで膨らみ、神経節にあたりやすくなります。
神経節に接触すれば、当然痛みが発生します。
そうなると筋肉が神経節にあたらないよう、脳は運動制限を行います。筋肉を堅くすることにより動けなくするのです。
しかし、堅くなった筋肉を緩めるだけでは、根本的な解決にはなりません。
腰の腱を正しい位置に戻してやらないといけないのです 。

短時間で最大の効果。

マッサージと腱引きの違いの中で、腱引きのメカニズムの一端を説明しました。
腱(筋肉)引く≠るいは弾く≠ニいう瞬間的な刺激により、「筋紡錘」や「腱紡錘」といったセンサーに働きかけるのです。
このセンサーは筋肉の伸縮状態を感知するものです。 筋肉のゆがみや捻れというのは、筋繊維が過度の緊張と弛緩が混在した状態なのです。
筋紡錘に瞬間的な刺激を与えてやることにより、筋肉を適正な伸縮状態へと戻してくれます。
腱引き療法が「短時間」「ピンポイント」の施術である理由がここにあります。

短時間で施術が済むということは、施術する側もされる側も負担が少ないということです。
また負担が少ないということは、各個人の状態にたいしフレキシブルに施術を行えるということです。
腱引きは全身を調整する、基本施術がベースになります。
この基本施術というのは、通しでやってもそれほど時間がかかるものではありません。そして基本施術を受けても痛みや不調が残るようであれば、その場ですぐに施術を加えることができるのです。


inserted by FC2 system