東広島道場。腱引き師のブログ

▼お知らせ▼

〜〜 お盆の営業 〜〜

 8/11  〜17:00まで営業
 8/12  休業        
 8/13  休業        
 8/14  通常営業     
 8/15  13:00より営業  
 8/16  通常営業     

※8/11は予約状況によって
閉店を早める可能性があります。
必ず電話にてご確認ください。

営業時間変更(8月)

 8/9(水) 午前のみ営業
      (〜12:00まで)
 8/10(木) 13:00より営業。

 8/23(水) 午前のみ営業
      (〜12:00まで)
 8/24(木) 13:00より営業。

予約・キャンセルについて。

新規の方を対象に
体験施術を受け付けます。

整体との違い。

整体というと、どんなものを思い浮かべますか?
多くの人がパキパキと鳴らす整体を思い浮かべるのではないでしょうか?

なぜ音が鳴るのか?  それは、パキパキ鳴らす整体が骨から人の体を見ているからです。鳴っているのは関節です。
人の体というものは、大小様々な骨によって基本の形を作っています。 整体ではその骨によって作られた形=骨格を基準に、体のバランスを見ます。
よく、整体に行くと左右で脚の長さが違うなんてのを言われませんか?
そういった場合、脚を大きく動かしたり骨そのものにアプローチすることで、脚全体(脚の骨格)や骨盤の位置などを調整します。
これは、ソフト整体といわれるパキパキ鳴らさない整体でも同じです。
中には整体に行くと相手の上に乗るようにして押さえたり、揉んだりする所がありますが、これは指圧やマッサージをしていることになります。

骨はレントゲンに写るが、筋肉は写らない。

しかし、人間は骨だけでは成り立ちません。
骨は腱(筋肉)によってその形を維持しているのです。
理科室なんかにあった骨格模型を見れば分かると思います。骨格模型は骨同士をビスやバネを使ってつなぎ止めています。
また、上からぶら下げるか後ろから支えてやらないと、模型のみで直立させることは難しいのです。
模型とはいえ、人間の骨格をディフォルメしたものですから人体が骨だけでは成り立たないのが分かると思います。

骨はレントゲンに写りますが、筋肉は写りません。
腱引き療法はこの筋肉に対してアプローチを行います。 筋肉の位置が悪い、あるいは捻れがあると、骨にまで影響がでます。
骨にアプローチすることで改善する場合もありますが、根本的な原因である筋肉の状態を変えてあげないと、せっかく骨格を矯正しても元に戻ってしまうかもしれないのです。


inserted by FC2 system