東広島道場。腱引き師のブログ

▼お知らせ▼

〜〜 お盆の営業 〜〜

 8/11  〜17:00まで営業
 8/12  休業        
 8/13  休業        
 8/14  通常営業     
 8/15  13:00より営業  
 8/16  通常営業     

※8/11は予約状況によって
閉店を早める可能性があります。
必ず電話にてご確認ください。

営業時間変更(8月)

 8/9(水) 午前のみ営業
      (〜12:00まで)
 8/10(木) 13:00より営業。

 8/23(水) 午前のみ営業
      (〜12:00まで)
 8/24(木) 13:00より営業。

予約・キャンセルについて。

新規の方を対象に
体験施術を受け付けます。

捻挫の常識と非常識。

捻挫というのはスポーツをされる方だけでなく、インドア派という方でも受傷する可能性のあるポピュラーな怪我です。
捻挫にもいろいろなタイプがありますが、一番多いのが足を内側に捻る「内反捻挫」。足関節の捻挫の、実に8割近くがこのタイプの捻挫だといわれています。
逆に足関節を外に捻るのが「外反捻挫」。このタイプの捻挫は頻度こそ少ないものの、重症になりやすいと言われています。
今回はこの足関節の捻挫(特に内反捻挫)についてのお話です。

捻挫をした場合、整形外科や接骨院に行かれる方が多いと思います。そういったところでされる主な処置はRICEと呼ばれる考えに基づいて行われます。
RICEとはRest(安静)、Icing(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字をとった言葉で、捻挫をした場合はまず動かさないように固定して安静にすることを求められます。
動かすなんてもっての他。そもそも痛くて歩くのもままならないのに、捻挫してすぐに動かすことなんてできません。
これが今までの常識。

でも、捻挫をしたら動かさないより、動かした早く治る……なんて話を聞いたことないですか?
実はこれ、私は経験あります。もう20年近く前のことになりますが、友人の仕事を手伝っている最中に自分の不注意で捻挫になったことがあります。
仕事の現場には自家用車で乗り付けていました。捻挫したのは左足でしたが、当時はMT車に乗っていました。そうするとクラッチが踏めないわけです。車に乗って帰れない……。
そこで痛いながらもなんとかしなければと、少しずつ足を曲げ伸ばしを繰り返していました。すると……あれれ、痛いけどクラッチが踏めるようになったぞ?
無事家まで帰ることができ、おまけに痛みは少し残るものの普通に歩けているようになっていたのです。2日後にはもうなんともなくなっていました。
捻挫してしばらくは歩くのも大変だったのに、です。

捻挫の痛みは筋の絡まりが原因。

捻挫をした場合、軽度(足首を押すと痛むが歩ける)で数日〜約2週間。中度(歩くのが難しく曲げ伸ばしで痛む)で2週間〜約1ヶ月。
重度(痛みがひどく歩くことも困難)で数ヶ月かかると言われています。
上記の私の例で言えば、捻挫した当初は痛みがあり捻挫した方の足をまともにつくことはできない中度状態。それが何度か曲げ伸ばしをしただけで、その場で軽度の状態まで改善したのです。
当時は早く治ってラッキーぐらいに思っていたのですが、腱引き療法の捻挫修復術を学びその場で中度から軽度に改善した理由がわかりました。

腱引き療法の捻挫修復術では、捻挫をすることにより筋(腱)が絡まってしまうのが痛みの原因と考えます。その絡まりをほどいてあげることにより、筋肉(腱)は本来の動きを取り戻し痛みはなくなります。
私のケースで言えば、クラッチを踏めるようになるために曲げ伸ばしを繰り返したことにより、腱の絡まりが偶然とれたのだと思います。
腱引き療法の捻挫修復術は、偶然ではなく明確な意志をもってこの腱の絡まりをほどいていきます。そうすることで、来たときには歩けなかった方が、その日のうちに歩いて帰れるようになるのです。
その様子を納めた動画もダイジェスト版ですが公開されています

骨折や靱帯断裂は捻挫とは別物と考える。

しかし、腱引き療法の捻挫修復術でも対応できない場合があります。それは足を捻ったことにより骨折や、靱帯断裂を引き起こしてしまった場合。こうなってくるともう、捻挫とは言えません。
病院で適切な処置をしてもらう必要があります。

実は足を捻ることにより骨折や靱帯の断裂が起こっても、腱の調整により痛みが軽減する場合があります。しかしそれは絡まっていた腱が正常な位置に戻ったことによる痛みの軽減であって、骨折や靱帯の断裂が改善されたわけではないのです。
人間の骨格というものは、筋肉によってその形を成しています。しかし骨折して骨が本体の形状を維持できなかったり、靱帯の断裂によって骨格が安定しなかったりすると筋肉(腱)の調整だけでは不十分です。
また痛みが軽くなったからといって安心していると、回復が遅れるばかりか運動機能に障害が残る場合も出てきます。
そのような最悪のケースにならないためにも、東広島道場では捻挫をした場合はまず一度病院でレントゲンなどを撮って骨や靱帯に問題がないかを確かめてもらうことを推奨しています。

逆に言えば骨や靱帯に問題がなければ、腱引き療法の捻挫修復術は有効だと言えます。
RICEでは回復までに時間がかかってしまう捻挫でも、早ければその場で生活に支障がないレベルまで改善します。
これは競技スポーツをされている方にとっては、復帰までの時間を大幅に縮めることができるということです。

捻挫をしたができるだけ早く回復したいと考えられる方はぜひ、お近くの筋整流法の道場へ行ってみてください。


骨や靱帯に異常がなければ、早期回復が期待できます。

inserted by FC2 system